【Mac】右クリックで画像をJPGにしよう

Macでスクリーンショット等は.png形式で保存されます。.pngは可逆圧縮で色々便利なんですが、綺麗すぎてファイルサイズが大きくなりがち。

プレビュー(アプリ)ファイル > 書き出す… と選択するとjpgに変換することができますが、いちいちやるのは面倒ですね。右クリックから圧縮できるようになると便利でしょう。

ここではアプリを追加することなく、標準のアプリでそれを可能にしましょう。Automatorを使います。Automatorは最初からLaunchpadに表示されていますが、よくわからない場合は + Spaceキーを押してSpotlight検索を出し、Automatorと検索しましょう。

スポンサーリンク

Automatorを使って右クリックメニューを作成する

最初はファイルを開く画面が出てくるので、左下にある「新規書類」をクリックします。

書類の種類を選択……と言われたらサービスをクリック。

サービスをクリックして選択をクリック
サービスをクリックして選択をクリック

以下の画像のように設定してください。


左側にあるライブラリからドラッグ&ドロップで持ってきてください。これを保存します。

正しく設定できていれば右クリックで下側に出ています。

表示されない場合は 一番下「サービス」から選択
表示されない場合は 一番下「サービス」から選択

もし表示されていない場合は、システム環境設定 > キーボード > ショートカット > サービス > ピクチャで先ほど保存したファイルが存在し、チェックマークが入っているかを確認します。


どうしてもこれで失敗する場合は/Users/ユーザー名/Library/Services.workflowの形式で保存してください。