markdown入門

MarkdownはHTMLをごく簡単に書くための文法です。
最近ではWordpressなどのブログ記事作成に使われています。この記事もmarkdownで書かれています。
私の勉強がてら基本的につかわれるものをまとめます。

段落と改行

markdownでは段落は2回の改行で表します

1個目の段落。
改行しても段落は段落です。
2個目の段落。


1個目の段落。改行しても段落は段落です。
2個目の段落。


このように段落は空行で区切ります。
HTMLに直すとこんな感じ。

<p>1個目の段落。
改行しても段落は改行です。</p>
<p>2個目の段落</p>

改行をしたい場合(<br />タグを挿入したい)は、改行したい行の後ろに「半角スペース」を2個入れます。

1個目の段落。
見辛いですが上の行の後ろには半角スペースが2個入っています。
2個目の段落。

markdownでは以下のようにこうなります。


1個目の段落。
見辛いですが上の行の後ろには半角スペースが2個入っています。
2個目の段落


HTMLに直すとこんな感じ。

<p>1個目の段落。<br />
見辛いですが上の行の後ろには半角スペースが2個入っています。</p>
<p>2個目の段落</p>

引用文

引用文は>を頭につけます。不等号ですね。
>引用文。

引用文。

段落

段落は各記号の後ろに半角スペースが必要です。

- 段落です
    - タブを入れると追加します。
  • 段落です
    • タブを入れると追加します。
1. 数字付きの段落はこんな感じでつけます
1. 最初の数字は関係ないので1をつけ続けてもいいです
    1. タブを入れておくと段落を追加します
  1. 数字付きの段落はこんな感じでつけます
  2. 最初の数字は関係ないので1をつけ続けてもいいです
    1. タブを入れておくと段落を追加します
- [x] 人参を買う
- [ ] カレーを作る
  • 人参を買う
  • カレーを作る

チェックリストはこんな感じです。[]の中が空白ならチェックなし、x(エックス)が入ってるとチェック入りです。

- 普通の段落
    1. 数字付き段落だよ
    1. これも数字付き
- やること
    - [x] やったこと
    - [ ] まだやってないこと
  • 普通の段落
    1. 数字付き段落だよ
    2. これも数字付き
  • やること
    • やったこと
    • まだやってないこと

全ての段落は混在することが可能です。

見出し

# 一番大きな見出し
###### 一番小さな見出し

見出しは行頭に#をつけて半角スペースを開けます。
HTMLにすると以下のようになります。

<h1>一番大きな見出し</h1>
<h6>一番小さな見出し</h6>

見出しの大きさは1〜6で、#の数がそれに対応します。

太字と斜体(イタリック)

太字斜体は以下のように書きます。

**太字**と*斜体*です。

正確には強調と強い強調と分けられているのですが、現状では実質的に太字と斜体がメインに使われています(エディタ次第では下線になるかも?)。

リンクと画像

リンクと画像は以下のように書きます。

[Googleへのリンク](https://www.google.co.jp)
![画像のキャプション](アドレス "画像の説明")

Googleへのリンク

画像のキャプション
画像のキャプション

htmlでは以下のようになります。

<a href="https://www.google.co.jp">Googleへのリンク</a>
<figure><img src="画像のURL" alt="画像の説明" /><figcaption>画像の貼り方</figcaption></figure>

画像のキャプションは画像下部にでる説明で、画像の説明はマウスカーソルを重ねた際に出るものです。

| 商品 | 値段 | 質 |
|:-:|:-|-:|
| A | 高い | 良い |
| B | すごい高い | すごい |

以上がこうなります。

商品 値段
A 高い 良い
B すごい高い すごい

|:-:|:-|:-|はどちらの方向に寄せるかを決定しています。:-:が中央寄せ、:-が左寄せ、-:が右寄せになります。
また、これより上の行は全てヘッダーとみなされます。一番上の行に置けばヘッダーがない表となります。

その他

取り消し線

Googleは日本企業です。大変失礼しました。正しくはアメリカの企業です。

Googleは~~日本企業です。~~大変失礼しました。正しくはアメリカの企業です。

~~で囲みます。

水平線

水平線は***か—です。
***


脚注

脚注1は以下のように書きます。

脚注[^1]は以下のように書きます。
[^1]: なんか使うと頭よく見えるやつである。

[^1]:は説明文です。どこに書いてもいいですが、出力されたときは必ず一番下に出力されます。具体的に言うとこの記事の上記の脚注に飛べばわかる。

ソースコード

ソースコードは(バッククォート)を使います。
文中に使う場合は
でその箇所を囲みます。囲むとSystem.out.println("javaだよ!");みたいな感じになります。
複数行に渡るソースコードはブロック自体をで囲みます。
<pre><code>

複数行に
わたる
ソースコード
“`

上記の例だとインデントしてますが実際は必要ないです。


  1. なんか使うと頭よく見えるやつである。 ↩︎