有料前提ならどこのクラウドストレージが良いのか

世にはびこるクラウドストレージは多々あり、その比較はよくみます。

しかしあまり有料プランについて語られていないので、各クラウドストレージの料金を比較してみました。

スポンサーリンク

DropBox

Dropbox - 個人向けプランの料金を比較
個人向けプランに関する詳細をご覧ください。Basic、Plus、Professional を比較して、あなたに最適な Dropbox をお選びください。
プラン名 月当たり料金(最安値) 容量
Basic 無料 2 GB
Plus 1,000円 1 TB
Professional 2,000円 2 TB

他社と比べると、100〜500円代の料金プランがないですね。それ以外はありきたり。

クラウドストレージの先駆けという印象のDropboxですが、その使い勝手はまぁまぁという感じ。どのOSでも安定感があるという印象でしょうか。

Google Drive

プラン名 月当たり料金(最安値) 容量
One 無料 15 GB
One 約208円 100 GB
One 約317円 200 GB
One 約1,083円 2 TB
One 13,000円 10 TB
One 26,000円 20 TB
One 39,000円 30 TB
G Suite
Basic
680円 30 GB
G Suite
Business
1,360円 1 TB※
G Suite
Enterprise
3,000円 1 TB※

… 5ユーザー以上の場合は無制限

一応、G Suite(ビジネス版)のプランも書いてみました。G Suiteはビジネス向けとは言え、個人でも使用が可能です。

G Suiteは容量だけ見ると割高ですが、Googleのインフラを利用することが可能です。例えば独自ドメインのメールをGmailで利用するとか……。

ちなみに大学生で、大学がGoogleのインフラを利用している場合(つまり、メールなどはGmailで使えと言われている場合)はG Suite EducationというGoogleが教育機関向けに無償提供しているプランになります。これはEnterprise相当のプランで、ユーザーは無制限の容量を使用することができます。つまり大学在学期間中は無制限プランを利用することができます(学生・教員問わず)。

使い勝手はDropboxと同程度です。GoogleのサービスなのでGmailでの共有、他人との共有がしやすい印象です。

Amazon Drive

Amazonログイン
プラン名 月当たり料金(最安値) 容量
約208円 100 GB
1150円 1 TB
2300円 2 TB
3450円 3 TB
4600円 4 TB
5750円 5 TB
6900円 6 TB
8050円 7 TB
9200円 8 TB
10350円 9 TB
11500円 10 TB
23000円 20 TB
34500円 30 TB

プランは全て年間契約のみとなっています。

100 GBプランは普通、それより上はやや割高という印象ですね。ぶっちゃけ使い勝手も良くないので……。

ただし、プライム会員に関しては写真は無制限です。プライム会員じゃないユーザーが無制限なのかはちょっと調べてもわかりませんでした。

OneDrive

Microsoft OneDrive
Microsoft OneDrive で無料のクラウド ストレージを入手できます。容量を増やすには、追加ストレージを入手するか、容量プランを購入します。
プラン名 月当たり料金(最安値) 容量
One Drive 基本 無料 5 GB
One Drive 50 GB 249円 50 GB
Office 365 Solo 1,062円 1 TB

One DriveはMicrosoft製のクラウドストレージです。

Office 365 Soloは1TB月額1000円と他のクラウドと比べると普通ですが、その名の通りOffice 365が付属します。つまり、Microsoft Office(Word / Excel / PowerPoint等…)が使えるようになるということですね。

iCloud

iCloud のストレージプランと料金
iCloud にサインアップすると、自動的に 5 GB の無料ストレージが使えるようになります。容量が不足してきた場合は、より大きい容量を使えるプランにアップグレードすることができます。
プラン名 月当たり料金(最安値) 容量
無料 5 GB
130円 50 GB
400円 200 GB
1300円 2 TB

DropboxやGoogle Driveと比べると料金プランが中途半端な印象です。ただ、増える量問わず最小の課金額が130円と最もお安いです。

使い勝手は最高!Appleユーザーにとっては。

macOSやiPhoneではOSがネイティブにサポートしているので、非常に使いやすいです。クラウドと意識せずに使えます。

ただ、Windowsでは「とりあえず共有できるようにしといたよ」程度の動きで、ぶっちゃけかなり使いづらいです。Androidに至ってはサポートしていません。

比較

1TB未満の場合

クラウドサービス 月当たり料金(最安値) ストレージ
Dropbox 無料 2 GB
One Drive 無料 5 GB
iCloud 無料 5 GB
Google Drive 無料 15 GB
iCloud 130円 50 GB
One Drive 249円 50 GB
Amazon Drive 約208円 100 GB
Google Drive 約208円 100 GB
Google Drive 約317円 200 GB
iCloud 400円 200 GB

容量比で見ると、最もコスパの良いのはGoogle Driveですね。コスパが悪いのはOne Driveになっています。

あくまで個人的な意見ですが、1TB未満で検討するならGoogle DriveかiCloudの2択と言っていいでしょう。もちろん、検討する必要のないなら(つまり、特別な事情があって特定のクラウドストレージを使いたいというなら)好きなものを使っていいとは思いますが。

Google Driveの最も良いところはGoogle製であること、同じGoogle製であるAndroid OSと非常に相性が良いです。この時点で他のサービスと一線を画していると言ってもいいでしょう。

デスクトップ版の使い勝手というと、ぶっちゃけどれも変わりません。Amazon Driveだけちょっと全体的に使いづらい印象……。というわけでスマートフォンがAndroidならGoogle Driveでいいような感じ。

iCloudは無料ユーザーからするとiPhoneのバックアップ用という印象が強いですが、その実はかなり使いやすい同期サービスという感じ。例えばiPhoneの「写真」アプリなんかは撮ったら他のデバイスでもすぐ見れるし、macOSの「デスクトップ(フォルダ)」は他のMacと同期することが可能です(オフにすることもできる)。その上でApple製のアプリケーション(iMovie / iBooks / Pages / Numbers / Keynote…)などもネイティブにサポートしています。

つまりiCloudはApple製品上では完全にネイティブに動作します。使ってるPCがMacで、スマートフォンがiPhoneで、その他のOSをほとんど考慮する必要がないというのであればiCloud一択と言って良いでしょう。

1TB以上

クラウドサービス 月当たり料金(最安値) ストレージ
Dropbox 1000円 1 TB
Amazon Drive 1150円 1 TB
Google Drive 約1083円 2 TB
iCloud 1300円 2 TB
Dropbox 2000円 2 TB
Amazon Drive 2300円 2 TB
Amazon Drive 3450円 3 TB
Amazon Drive 4600円 4 TB
Amazon Drive 5750円 5 TB
G Suite※ 6800円 無制限
Amazon Drive 6900円 6 TB
Amazon Drive 8050円 7 TB
Amazon Drive 9200円 8 TB
Amazon Drive 10350円 9 TB
Amazon Drive 11500円 10 TB
Google Drive 13000円 10 TB
Amazon Drive 23000円 20 TB
Google Drive 26,000円 20 TB
Google Drive 39,000円 30 TB
Amazon Drive 34500円 30 TB

※G Suite … Businessプラン1360円 * 5ユーザー登録した際の価格。Businessプラン以上で5ユーザー以上契約している場合は容量無制限になる。

こうしてみるとAmazon Driveって割高だなーという感じ。〜2TB程度ならGoogle DriveかiCloudの2択でいいような……。この2つのサービスについては上記1TB未満の比較で書いた文を引用しておきます。

iCloudはApple製品上では完全にネイティブに動作します。使ってるPCがMacで、スマートフォンがiPhoneで、その他のOSをほとんど考慮する必要がないというのであればiCloud一択と言って良いでしょう。

逆にそれ以外ならGoogle Driveで良い。

それ以上の大量にあるデータを保存したい、というのなら5TB未満ならAmazon Drive、それ以上ならG Suite契約をした方が良さそう。最低5ユーザー必要ということは、逆にいうと5ユーザーに分割できるので友人と割り勘してもいいかも。

それ以上のプランは存在意義がよくわからない。10TB以上になると月額1万円を超えるかなりの割高感。

まとめ

Dropboxはかつてはクラウドストレージの先駆けとして注目を浴びたが、今となっては価格の面でもサービスの面でも存在感を示せていない感じ。最近、無償版でのデバイス登録制限が3台になったけど、困る人間がいるのか微妙。

Google Driveはさすが天下のGoogleというだけあって他サービスとの連携も含めてかなり強い。G Suiteの抜け道と、個人用ストレージの割高感は謎。

Amazon DriveはAWSのようなインフラ・サーバーに強いAmazonの割に特に盛り上がりなどもないので、お小遣い稼ぎ程度なのかな?という認識。

One Driveは以前の容量無制限から75TBアップロード事件のせいで一気に盛り下がった印象。Windows備え付けのクラウドストレージとしては全然パッとしないが、月額1000円程度の1TBストレージにOffice 365が付属するのはかなりの強み。

ただ話が逸れるがこれからの時代、必ずMicrosoft Officeが必要か?と聞かれると個人的にはかなり微妙。個人で使う用途ならGoogleドキュメントiWork(Apple製品に付属)で十分じゃね?という感じもしなくはない。

さらに余談になるが、それこそ今の時代だと大学生にはMicrosoftが教育機関向けにOffice 365を無償提供しているので、本当にMicrosoft Officeを購入しなきゃいけないかは微妙(未だ対応していない大学も少なくないとは思うけど……)。

iCloudはApple製品の囲い込みに特化してるな、という印象。しばらくApple製品を中心に生きていく予定ならこれでいいと思う。