トラックパッドの利点が見えてきたのでMagic Trackpadを購入した

こんにちは。

macbookにはトラックパッドがあり、これはマルチタッチによるジェスチャーに対応しています。

私、Macbookを購入したとき「使いづらすぎだろ!」と叫んでトラックボールマウスを購入しました。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570
  • Logicool(ロジクール)
  • 価格   ¥ 5,636 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

こいつはこいつでいいマウスでした。FPSなどには向きませんでした(ドット単位のエイムが無理だった。マイクラとかなら全然余裕)が、長年使ってるとどうしても「手垢がたまる問題」に悩まされました。トラックボールの稼働部=触る部分なので、どうしても手垢が溜まって2〜3日に一回くらい手入れしないといけません。

最近、Macbookを持ち歩く機会が多くなってきたのですが、そのときにトラックパッドの便利さに気づきます。

  • ミッションコントロール(アプリ一覧と別のデスクトップ表示)
  • デスクトップ移動
  • 3本指タップによる辞書

あたりをよく使うと、すごく便利。というか、Macを買った当初は複数デスクトップの便利さに気づかなかったというところが最大の問題でした。

また、以下の操作を気づくとまたすごく楽に使えます。

  1. ドラッグ操作は指一本で抑えてもう一本で動かせる(これは最初に知ってた)
  2. 文字の範囲操作は3本指でスライドするだけでできる(押し込む必要なし、これ気づかなかった)
  3. クリックは押し込むよりも軽くタップした方がラク(Windowsノートのくせで押し込んでたけどすげー疲れる)

また、アプリケーションによっては他のジェスチャ(二本指スワイプ)をサポートしているのでここら辺もアプリごとに調べると楽でしょう。

例えばSafariでは前のページ / 次のページなどをサポートしていますし、今使っている iA Writerではフォルダ操作 / プレビュー表示をサポートしています。

そして私が一番感じているメリットは手を握る形に持っていく必要がないということです。

マウスを握るのとは違ってそのままの指を使えるので、キーボード → トラックパッド → キーボードの動きが非常にラク。キーボードで文字を書いてるときなんかはこの移動が苦だったのですが、Macbookについてるキーボード×トラックパッドだと全然苦ではありませんでした。

家にいるときはApple keyboardとMagic Trackpadにしましたが、同様に全くもって自然な手の動きができます。

ちなみになぜMagic Trackpad2ではないのかというと、高かったから。それだけです。

また、Trackpad2は充電式(Lightningケーブルを使う)なのですが、Macbookを置いてる場所とiPhone / iPadを充電するところが離れているというのがイヤでした。

Trackpadのためだけにケーブル増やしたくないというのが正直なところ。ちなみにTrackpad(無印)は単三電池2本で動作します。

Apple Magic Trackpad 2 - シルバー
  • Apple(アップル)
  • 価格   ¥ 13,184 ¥ 13,824 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

いや、1万円って十分高いだろ、というツッコミは禁じます。私が買ったのは中古なので……。