【Mac・Windows】最強のCSV編集環境を求めて

スポンサーリンク

はじめに

CSVは取り扱いが非常に簡単なフォーマットの割に、編集ツールがやれメモ帳だのエクセルだので結構おざなりにされてる

何かしらのデータから何かしらのツールの間でデータをやりとりするフォーマットという性質が強いのだと思いますが、もうちょっとしっかりと編集・作成できるツールが欲しいと思っていました。

まずよくオススメとされるExcelですが、これはまぁ悪くはない。使いやすい部類ではありますが、有料だし、何よりMacだと挙動が重い……

Macで無料のソフトだとNumbersがありますが、こいつはこいつでCSVファイルを開くと.numbersの拡張子で保存しようとする。なんというか、CSVファイルはCSVファイルで開いてCSVファイルで保存・管理したいんだよなぁ。

フリーオフィスのLibraOfficeやOpenOfficeは無料のオフィススイートですよ!という感が強い。というかCSVファイルの編集のためにわざわざ入れるのも仰々しいし、何より表計算ソフトだからCSVも編集できますよ、みたいな感じで若干のオマケ感がある。

Visual Studio Codeを使って最強のCSVファイル編集環境を作る

餅は餅屋、テキストファイルの編集はテキストエディタ、ということでVisual Studio Codeを利用して満足いくCSVの編集環境をつくりました。

Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure
ほぼすべての言語に対応し、任意の OS で動作する強力なコード エディター、Visual Studio Code を使用して、Azure で編集、デバッグ、デプロイを行います。

無料だし、何より世界中にユーザーがいてユーザー≒プログラマーなのでたくさんの拡張機能があって素晴らしいですね(ダイマ)。


Visual Studio Codeではここから拡張機能を追加していきます。追加するのは以下の2つ。

  1. Rainbow CSV
  2. Edit csv

Rainbow CSV

Rainbow CSVはCSVファイルを見やすく表示してくれます。


これ以外にも便利な機能はありますが、Qiitaの方に詳しく書かれている方がいるのでそちらに譲ります。

VSCodeでCSVをステキに見やすくする「Rainbow CSV」を紹介するよ - Qiita
# はじめに 普段のようにトゥイッターしていたらタイムラインにステキ拡張が流れてきたので、布教のためにバーっと紹介記事を書いてみる次第。 (

個人的にはSQL文などは機能としてオーバーなので、テキストファイルとしてのCSVをいじる時に見た目が綺麗になって便利だな〜というプラグインです。

Edit csv

本命です。

Edit csvを導入すると、表形式での編集が可能になります。


使い方は簡単で、導入すると右上にEdit as csvの文字が表示されるので、それをクリックするだけです。


Read optionの項目からHas headerにチェックを入れるとヘッダー(先頭行)の固定が可能になります。



VS CodeにRainbow CSVとEdit csvを導入することでかなり快適なCSVファイルの編集環境が出来上がりました!

ソート機能などはないですが、流石にそこまで行くとExcelやNumbersなどの表計算ソフトを利用して、最後にCSV書き出しなどを行った方が良いと思います。

何事もケースバイケースです。