Wifiが切れるので無線LANルーター2台で運用してみた

スポンサーリンク

最近、iPhoneで動画を見てたりすると急にWifiが途切れる現象に悩まされていました。

結論から言うと、悪いのはiPhoneではなくルーター、というよりルーターを使うユーザー(つまり私)でした。

要約

  1. 回線負荷が原因でWifiが切れるようになった
  2. 1個のルーターが今まで2.4ghz帯と5.0ghz帯の2規格のwifiを担当していた
  3. 片方のルーターをブリッジモードにしてWifi専用にし、2個のルーターでそれぞれ2.4ghzと5.0ghzの担当をわけた

Wifiが切れる原因

Wifiが切れる原因ですが、思い当たることはありました。おおよそ切れる時といえば、Youtubeや各種ストリーミングサービスで動画を見てるとき、dアニメストアで動画をダウンロードしてるとき、Kindleで一気に本をダウンロードするとき、とまぁそれなりに回線に負荷をかけているときでした。

最近は自宅の回線の契約を更新し、通信速度の増強も行ったところ。しかも最近は接続している台数が増えてルーターが負荷に耐えきれなくなったのではと思い調べてみたところ、当時使っていたAterm WG1800HPは推奨接続台数が最大で10台まで、数えてみるとおそらくもうすでに15台は繋がってるような……。そりゃ切れるよなぁ。

というわけで新しいルーターを購入しようと思ったのだけれど、このペースだと接続台数20台でも安心できるかどうか微妙。IoTがどうとかいうけれど、例えばGoogle HomeとかAmazon Echoとか繋ごうと思うともっと台数が増えていくのは明白です。

考えた結果、最終的には「ルーターを2台でWifi運用すればいいや」と気づいたのでルーターを継ぎ足し購入することに。

機器を接続する

概略図
概略図

こんな感じにする予定です。やってみれば簡単でした。

新しく購入したルーターは以下のもの。

1.新しいルーターをPPPoEルーターとして設定する

私の家の契約ではモデムにはルーター機能がついていないので、ルーターはPPPoEルーターとして動作させます。Atermシリーズは初期設定がそうなっているのかな?

Atermの場合はWifi(か有線LAN)に接続(SSIDとパスワードは本体ラベルに印字)し、aterm.meにアクセスすれば管理画面が開けます。IDはadmin、パスワードは本体ラベルに印字されている6桁の数字です。あとでパスワードは変更することを推奨しておきます。

詳しい設定は割愛します。とにかく普通にルーターとして動作させれば良いでしょう。PPPoEのIDとパスワードは契約書あたりを探しましょう……。

2.新しいルーターのWifiを設定する

新しいルーターのWifiは5.0ghzの方を使います。デフォルトでは2.4ghzと5.0ghzの両方が動作しているので、2.4ghzを切ります

2.4ghzを切り、続いて5.0ghzのSSIDとパスワードを設定します。SSIDとパスワードが同一であれば各端末は設定を変えることなくWifiに接続することができます。

つまり以前のルーターで使用していたSSIDとパスワードを設定すれば良いでしょう。Atermではパスワードの設定はWPA暗号化キー(PSK)という項目ですね。

3.古いルーターを設定する

続いて古いルーターを設定します。古いルーターは動作モードをブリッジモードにする必要があります。そのまま使うと2重ルーターですね……。

atermシリーズはおそらく本体そのものにモード切り替えスイッチがあるはずです。BRモードにスイッチングしましょう。切り替えたら電源の再起動を忘れずに。私はこれを忘れてしばらくハマってました。

もしそのほかのルーターを使ってるなら、一度ルーターにつなぐ必要があるかも知れません。そこらへんはメーカーのページでも探してみてください。

atermの場合、ブリッジモードにした機器の管理画面を開くにはローカルIPの末尾を210にしたアドレスにアクセスすればよい模様です。私の場合はローカルIPが192.168.10.xだったので、192.168.10.210にアクセスすれば管理画面がひらけました。

ローカルIPを調べるにはWindowsであればコマンドプロンプトでipconfig、macOSであればターミナルでifconfigと打てば出てきます。家庭用ならほぼほぼ192.168.で始まるIPアドレスですね。

あとは古いルーターの5.0ghz帯の動作を停止すればOKです。必要ならSSIDやパスワードの変更も。

2台運用してみて

さしあたり、Wifiがダウンすることはなくなって快適です。2.4ghz帯は速度がどうしても劣るので、速度を重視しない機器(例えばプリンターとか)を接続しています。

上が5.0ghz,下が2.4ghz(Google スピードテスト)
上が5.0ghz,下が2.4ghz(Google スピードテスト)

SSIDを前と同じにすることで、家族の機器などの設定を変更せずに楽に切り替えができました。